サステナビリティ

サステナビリティサステナビリティ

昭和36年に資本金50万円で設立された当社は、現在では従業員数約4,500名、売上高は200億円を超える企業規模となりました。
清掃業務より出発した当社は、日本経済の発展と歩みを共に、事業拡大してきました。首都圏を事業基盤として、官公庁関連業務を中心に、清掃だけでなく設備や警備などへ事業領域を拡大させ、総合ビルメンテナンス企業として成長を重ねることができました。
これもひとえに、多くのステークホルダーの皆さまからのご支援、ご協力を賜ってこれたからだと心より感謝しております。

現在に至るまで事業活動を継続してきましたが、時の経過と共に皆さまもご存じのように社会課題が増えてきました。
そして、2015年に国連でSDGs(Sustainable Development Goals)が採決され、世界的にも持続可能な社会構築に向けた動きが加速してきた背景もあり、当社も2020年より、現在まで培ってきた業務活動をSDGs視点へ置き換え、視覚化をし、積極的な取り組みを開始しました。

長年進めてきた事業や活動を通じて、『人権・社会』『経済(成長)』『環境』の社会課題の解決につながる取り組みを、『事業活動』『地域社会』『人材育成と採用』『地球環境』の4つに絞り込み、SDGs達成に貢献していけるように努めていきます。
また、持続可能な企業経営を実現するため、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に対応した経営基盤構築の必要性を認識しており、それぞれの対応をしっかりと実施していくように考えております。
これからも総合ビルメンテナンス企業として、長年にわたり当社が培ってきた技術やノウハウを、世の中に役立てていくことを心がけてまいります。
今後とも当社をご理解、ご支援いただきますようお願い申し上げます。

取締役常務執行役員
鴻 義典

サステナビリティの実現に向けての重要課題

当社は、2つの視点よりサステナビリティの実現に向けての取り組みを実施してまいります。ひとつは、事業活動を通して取り組んでいる課題であり、国際連合が掲げる持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals : SDGs)の達成に貢献することです。もうひとつは、事業活動を支える環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に対応した経営基盤を構築することで、持続可能な企業にしていくことです。

事業を通してのSDGsへの取り組み

当社は、経営理念を踏まえ、長年進めてきた事業や活動を通じて、『人権・社会』『経済(成長)』『環境』の社会問題の解決につながる取り組みを全社員があらゆるステークホルダーと共に持続・継続して実行しています。

当社では、特に上記6項目の目標に向けた取組を強化していくことで、
持続可能な開発目標に貢献することを宣言します。

詳細はこちら

事業活動を支えるESG経営への取り組み

当社は、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に対応した経営基盤を構築し、持続可能な企業としていくことを目指します。